ゲーマー必見!なぜゲームをしているだけで目が疲れるのか

ゲームしていると目が辛い!何とかならないの?

「ゲームのやりすぎで、最近目が疲れる。」
「もっとゲームをやりたいのに目が痛い。」
と思っている方、ゲームをすることで目に負担がかかっている理由をご存知でしょうか?
今回は、なぜゲームをすることで目が疲れてしまうのか、その仕組みを紹介します。

なぜゲームで目が疲れるのか?

ゲームに夢中になりすぎて、時間がたつのを忘れていたといった経験ありますよね。

そんな日が続くといつの間にか目が重くなったり、目が痛くなったりするものです。

では、なぜゲームをすると目が痛くなってしまうのでしょうか?

その答えは、実は目が乾燥するからなのです。

一般的に人は瞬きをし涙を流すことで、目の状態を維持していますが、ゲームなど何かに集中しすぎると瞬きの数が少なくなり目が乾燥するのです。

目が乾燥すると目に違和感や疲労感がたまり、ひどくなると目に傷ができてしまうこともあるのです。

また、そのほかにもゲーム機にピントが合わせ続けることによって目に疲労がたまることもあります。

通常、人がものを見るときは目の筋肉が水晶体を伸び縮みさせて焦点を合わせています。

しかし、ゲームなどに集中しすぎると長時間、ピントを合わせ続けるので目が疲れてくるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

長時間のゲームは気づかぬ間に目に負担をかけているものです。

ゲームをするときは、時々休憩をしたり、目をマッサージしたりして

十分に目を休みながらするようにするとよいでしょう。

ジャンル別おすすめアプリ
オススメアプリ特集