æœŦåŊ“ãĢå‡ēäŧšãŖãĻいるäēēはãŋんãĒ
ã€Œč¤‡æ•°ã‚ĸプãƒĒを同時刊į”¨ã€ã—ãĻいるわ

マッチãƒŗグã‚ĸプãƒĒぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢぎ書き斚

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢを書くときぎポイãƒŗトとã‚ŗツ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢã¯é•ˇã™ãŽãšã€įŸ­ã™ãŽãšīŧ

č‡Ēåˇąį´šäģ‹ã§ã‚ぞりãĢį°ĄæŊ”ãĢ書きすぎãĻしぞすと、あãĒたがおういうäēēãĒぎかということがį›¸æ‰‹ãĢãĄã‚ƒã‚“ã¨äŧã‚ã‚Šãžã›ã‚“。

䞋えばですがãƒģãƒģ
į§ãŽåå‰ã¯â—‹â—‹ã§ã™ã€‚
○○がåĨŊきです。
○○がčļŖå‘ŗです。
と、こぎようãĢīŧ‘、īŧ’čĄŒãŽãƒ—ãƒ­ãƒ•ã‚ŖãƒŧãƒĢではį›¸æ‰‹ãĢあãĒたがおんãĒäēēãĒぎか、ãĒãĢもäŧã‚ã‚Šãžã›ã‚“。

かといãŖãĻæĨĩįĢ¯ãĢã ã‚‰ã ã‚‰ã¨é•ˇããƒ—ãƒ­ãƒ•ã‚ŖãƒŧãƒĢを書くぎもīŧŽīŧ§ã§ã™īŧ
あぞりãĢã‚‚é•ˇã„ã¨čĒ­ã‚€å´ã¨ã—ãĻは、į–˛ã‚ŒãĻしぞいčĒ­ã‚€æ°—ãŒå¤ąã›ãĻしぞうぎです。

ポイãƒŗトとしãĻは
○はじめぎ挨æ‹ļ
○į™ģéŒ˛ã—ãŸį†į”ą
○äģ•äē‹ãĢついãĻ
○čļŖå‘ŗãĢついãĻ
○č‡Ē分ぎ性æ ŧãĢついãĻ
○įˇ ã‚ãŽæŒ¨æ‹ļ

ãĒおこれらをåŋ…čĻãĒæƒ…å ąã‚’ã—ãŧり、į°ĄæŊ”ãĢį›¸æ‰‹ãĢわかりやすく書くとč‡Ē分がおういうäēēãĒぎかäŧãˆã‚„すいでしょう。

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢぎ䞋文

先ãģおプロフã‚ŖãƒŧãƒĢを書くãĢあたãŖãĻぎポイãƒŗトをいくつかį´šäģ‹ã—ぞしたが、ここではさらãĢæˇąãä¸€ã¤ä¸€ã¤ãŽãƒã‚¤ãƒŗトをおさえãĻいきたいと思いぞすīŧ

いくつか䞋文をあげãĻãŋãžã—ãŸãŽã§å‚č€ƒãĢしãĻãŋãĻくださいねīŧ

<はじめぎ挨æ‹ļ>
į°Ąå˜ãĒč‡Ēåˇąį´šäģ‹æ–‡ãĢčĻĒしãŋやすいよう挨æ‹ļをäē¤ãˆãĻ書きぞしょう。
「はじめぞしãĻīŧâ—‹â—‹ã¨č¨€ã„ぞす。○○ãĢäŊã‚“でいぞす。」

<į™ģéŒ˛ã—ãŸį†į”ą>
į™ģ録į†į”ąãĢついãĻもį°Ąå˜ãĢ書いãĻおくといいでしょう。
はじめぎ挨æ‹ļといãŖしょãĢ書いãĻしぞãŖãĻもいいかとおもいぞす。

ãĒるずくč‡Ē分からすすんでį™ģéŒ˛ã—ãŸæ„æ€ã‚’äŧãˆãŸæ–šãŒč‰¯ã„でしょう。

「äģ•äē‹ãŒåŋ™ã—くãĒかãĒかå‡ēäŧšã„ぎ場ãĢいけãĒいぎでį™ģéŒ˛ã—ãĻãŋぞしたīŧã€
「į”ˇæ€§(åĨŗ性)ばかりぎäŧšį¤žã§å‡ēäŧšã„がãĒく、おもいきãŖãĻį™ģéŒ˛ã—ãĻãŋぞしたīŧã€

<äģ•äē‹ãĢついãĻ>
äģ•äē‹ãĢついãĻもį°Ąå˜ã§ã‹ãžã„ぞせん。

「åŒģį™‚é–ĸäŋ‚ぎäģ•äē‹ã‚’しãĻいぞす。」
「åģēį¯‰įŗģぎäģ•äē‹ã‚’しãĻいぞす。」

<čļŖå‘ŗãĢついãĻ>
čļŖå‘ŗãĢついãĻも気取らずč‡Ēį„ļäŊ“でãģんとうãĢしãĻいることをį°Ąå˜ãĢ書きぞしょう。

「äŧ‘æ—ĨはåŽļで映į”ģ鑑や、ナãƒŗチãĢčĄŒããŽãŒåĨŊきです。」
「運動がåĨŊきで、ジムãĢ通ãŖたり、フットã‚ĩãƒĢをしãĻいぞす。」

<č‡Ē分ぎ性æ ŧãĢついãĻ>
č‡Ē分ぎ性æ ŧãĢついãĻã¯ã€å‘¨ã‚Šã‹ã‚‰ã‚ˆãč¨€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚ãĒおč‡Ē分į™ēäŋĄã˜ã‚ƒãĒいãģうがいいでしょう。

あぞりč‡Ē分ぎ性æ ŧã‚’č‰¯ãčĻ‹ã›ã‚ˆã†ã¨ã—ãĻしぞすと、「えīŧŸãã‚Œč‡Ēåˆ†ã§č¨€ã†īŧŸã€ã¨č¨€ã†éĸ¨ãĢおもわれãĻしぞうかもしれぞせん。

「周りからよく、éĸį™ŊいねīŊžã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚」
「äŧšį¤žã§ã‚ˆãã€äģ•äē‹ãŒé€Ÿããžã˜ã‚ã ã­ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚」

<įˇ ã‚ãŽæŒ¨æ‹ļ >
įˇ ã‚ãŽæŒ¨æ‹ļはį°ĄæŊ”ãĢ書きぞしょう。

ã€Œã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚ã€
「プロフã‚ŖãƒŧãƒĢをčĒ­ã‚“でいただきありがとうございぞす。気čģŊãĢåŖ°ã‹ã‘ãĻくださいīŧã€

こぎようãĒかんじでč‡Ēåˇąį´šäģ‹ã‚’į°ĄæŊ”ãĢ書いãĻいくといいでしょう。
ただし、æŗ¨æ„į‚šã‚‚ありぞす。

ã‚ŽãƒŖãƒŗブãƒĢãŽčŠąãĒおは、あぞりį›¸æ‰‹ãĢč‰¯ã„å°čąĄã‚’ä¸ŽãˆãĒいぎで控えãĻãŠã„ãŸæ–šãŒč‰¯ã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢは嘘をつかず、æ­Ŗį›´ãĢīŧ

į›¸æ‰‹ãĢč‰¯ãæ€ã‚ã‚ŒãŸã„ã¨æ€ã†ãŽã¯įš†ãŠãĒじですīŧ
だからといãŖãĻ嘘をかくぎはよくありぞせん。

čēĢé•ˇã‚„äŊ“é‡ã¯å¸¸č­˜į¯„å›˛äģĨ内ãĒらį››ãŖãĻも大丈å¤Ģでしょう。
これは書かãĒいでごぞかしたいīŧã¨ã„う項į›Žã‚‚あるかとおもいぞすが、įŠēæŦ„ãĢしãĻおくことは最もよくãĒã„ã¨č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

įŠēæŦ„ぎぞぞだと、čĒ­ã‚€å´ã¨ã—ãĻ気ãĢãĒるぎãĢしれãĒã„â†’å¯žčąĄå¤–ãĢãĒãŖãĻしぞう。
ということãĢãĒりやすいようです。

嚴収ぎ項į›Žã§ã™ãŒã€åĨŗ性が一į•Ēãŋる項į›Žã§ã‚‚あるぎで少しį››ã‚ŠãŸã„ところですが、こぎ項į›ŽãĢついãĻはæ­Ŗį›´ãĢ書いãĻおいた斚がいいでしょう。

嘘をついãĻ嚴収を多くかいたところで、č‡Ē分ぎãƒŦベãƒĢãĢã‚ã‚ãščƒĄæ•Ŗč‡­ããĒãŖãĻしぞうからです。
åĨŗ性はそういう部分ãĢ敏感ãĒぎで、嘘ãĢ気ãĨくかあãĒたãĢ不äŋĄæ„Ÿã‚’æŠąã„ãĻしぞいぞす。

ãĒぎで、č‡Ē分ぎčēĢぎ丈ãĢあãŖたįžåŽŸãŽåš´åŽã‚’書くぎが一į•Ēいいといえるでしょう。

ネã‚Ŧテã‚ŖブãĒことは書かãĒいīŧ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢを書くãĢあたãŖãĻ、ネã‚Ŧテã‚ŖブãĒことを書くぎはéŋけた斚がいいでしょう。
䞋えばですが、

○åŊŧåĨŗいãĒい歴īŧåš´éŊĸ
○原åŽļ暎らしãĒぎで料į†ã¯ã‚ぞりしぞせん。
○čļŖå‘ŗもãĒく、つぞらãĒいäēē間ですがãƒģãƒģ
○(åĨŗ性)å¯ŋ退į¤žãŒå¤ĸですīŧ
○(į”ˇæ€§)嚴収があぞりよくãĒã„ãŽã§ã€å…ąåƒãã—ãĻくれる斚希望です。

こういうことを、į›¸æ‰‹ãĢäŧšãŖたときがãŖかりさせãĒいためãĢ書いãĻおこうという斚もいぞすが、あぞりいいとはいえãĒいでしょうãƒģãƒģ。

ネã‚Ŧテã‚ŖブãĒį™ēč¨€ã°ã‹ã‚Šã‚’ã—ãĻいるäēēとäģ˛č‰¯ããĒãŖãĻčĻ‹ãŸã„īŧã¨ãŠã‚‚いぞすかīŧŸ
ネã‚Ŧテã‚ŖブčĻį´ ã‚’ã†ãĄã‚ã‘ã‚‹ãŽã¯äģ˛č‰¯ããĒãŖãĻからでもおそくはありぞせん。

ぞずはポジテã‚ŖブãĒプロフã‚ŖãƒŧãƒĢをåŋƒãŒã‘ぞしょうīŧīŧ

ぞとめ

マッチãƒŗグã‚ĸプãƒĒぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢをかくãĢあたãŖãĻぎポイãƒŗトとã‚ŗツをおäŧãˆã—ãĻきぞしたがおうでしたでしょうかīŧŸ

äģĨ上をãĩぞえãĻ、プロフã‚ŖãƒŧãƒĢが不十分だãŖたかもしれãĒいというかたはčĻ‹į›´ã—ãĻãŋãĻくださいねīŧ

あãĒたãĢいいå‡ēäŧšã„がč¨Ēれることをåŋƒã‹ã‚‰éĄ˜ãŖãĻいぞす。