本当に出会っている人はみんな
「複数アプリを同時利用」しているわ

婚活用写真で好印象獲得【女性編】

婚活をしている人にとって、プロフィール写真はその人の印象を決める、とても大切なものです。

正直なところ、男性はほとんどがスーツで、さほど代わり映えしません。

しかし、婚活写真の女性の服装は、印象を左右させる、驚くべき効果があります。

みなさんは、出来るだけ良い印象を与えるために、婚活写真で女性はどのような服装やメイクをすればいいと思いますか?

今回はその辺を一緒に考えてみましょう。

また、婚活写真の女性の服装だけでなく、他にも押さえておきたいポイントについて、お話ししますね。

婚活写真とは?

 

婚活写真とは、結婚相談所や婚活サイトに登録する際に使う、プロフィール写真のことを指します。

イメージとしては履歴書の写真と同じですが、その写真の撮り方は全く違います。

モデルさんの宣材写真と思った方がいいかもしれません。

はっきり言います。

婚活において、婚活写真は何よりも重要!と言っても、過言ではありません。

ですから、婚活写真を撮る女性は、服装にも気を遣ってください!

なぜ婚活写真が大切か?

婚活サイトに一度でも登録したことがある人はご存知かと思いますが、写真と簡単なプロフィールを見て、その人に興味を持つところから、婚活の勝負が始まっています。

ですから、婚活写真は、その人に実際会ってみたいと思わせる写真でなくてはいけません。

写真の印象が悪いと、会ってもらうことすら出来ないわけです。

つまりスタートラインにも立てないということです。

無表情の人と、微笑んでいる人、みなさんはどちらに良い印象を持ちますか?

全体的に暗い雰囲気の写真と明るい雰囲気の写真、どちらを見たいと思いますか?

たくさんある写真とプロフィールから会いたい人を選ぶわけですから、ぱっと見たときの印象がとても重要になります。

みなさんも相手を見極めるとき、視覚から入りますよね?

それと同じです。

婚活写真の女性の服装に気をつけて欲しいとお伝えするのは、そのためなのです。

美人じゃないから自信がないと言う人もいますが、そういう人こそテクニックを覚えて、親しみやすさを感じられる婚活写真を目指しましょう。

男性が望む結婚相手の女性像

 

男性はどんな人を結婚相手として望んでいるのでしょう?

顔が全てという人も稀にいますが、ほとんどの人が美人という理由だけでは選びません。

ずはり、多くの男性は「癒し」を求めています。

この人と結婚したら、幸せな家庭を築けるか?という観点から、婚活写真や女性の服装を見ています。

ですから、きつい顔の美人より穏やかな印象の普通の人が人気だったりします。

それから、清潔感も重要です。

結婚すれば当然一緒に生活していくわけですから、不潔なイメージを与えるのはNGです。

婚活写真を撮る女性で、普段の自分を知って欲しいからと、ボサボサの頭にダボダボの服装なんて人を見たことありますか?

そういうだらしない姿は完全にイメージダウンになるのがわかりますよね?

他にも、守ってあげたいと思わせる、可憐なイメージを求めている人も割と多いですよ。

そう思うと、男性の好みはいつの時代もそう変わりないのだと感じざるを得ませんね。

その好みに合わせて、婚活写真を撮る予定の女性は、服装を選ばなくてはいけませんよ。

婚活写真の女性の服装ポイント

婚活写真の女性の服装で、絶対外さないのは、ワンピースです。

その中でもカジュアル過ぎるものより、少しよそ行きのものが、婚活写真の女性の服装としてお勧めです。

また、適度に体のラインが出るほうが、すっきり見えます。

カーディガンを羽織って縦のラインを強調すると、よりすっきり見えますね。

それから、ブラウスに膝丈スカートという組み合わせも、婚活写真の女性の服装として、お勧めしています。

フリルたっぷりのブラウスは太って見えますし、若作りしていると見られることもありますから、避けた方が無難です。

リクルートを思わせるパリッとした白シャツも、間違っていますよ。

婚活写真の中の女性の服装は、堅すぎるのもよくありません。

もちろん、婚活写真の女性の服装は、流行りに乗りすぎるのもよくありません。

オフショルダーが流行っているからと肩を出している写真は、人によってははしたないと捉えてしまいます。

胸に自信があるからと、谷間を強調するのも、同じ理由でお勧めしません。

婚活に使う写真では、女性の肌が見える服装は、ほどほどにしましょう。

ファッションセンスに自信がない人は、最近では「パーソナルスタイリスト」という職業の人がいるので、そちらに頼むのもお勧めです。

芸能人のように、似合う服を個別に選んでもらえますし、選び方などもレクチャーしてくれるので、デートにも活かせますよ!

そうやって婚活写真を撮った女性が、服装に悩まなくなった上、結婚を決めたという例を何件も目の当たりにしています。

どんな色を着る?

次は、婚活写真の女性の服装で選びたい、カラーについてです。

明るい色がお勧めですが、きつい原色は好みが分かれます。

出来れば婚活写真の撮影時には、女性はパステルカラーなど、万人ウケする淡い色の服装をチョイスしましょう。

だからと言って、みんながみんな、甘いピンクを選べばいいと思わないでくださいね。

年齢や体形に関係なく、婚活写真の女性はみんなピンクの服装だなんて、ナンセンスです。

婚活写真の女性の服装は、可愛すぎると逆効果になることもありますよね。

年相応のものを心がけ、派手過ぎる柄物も避けてください。

例えば、婚活写真を撮る女性の服装が、ヒョウ柄のボディコンワンピだったなんて想像出来ますか?

簡単に言うと、そういうことです。

婚活写真を撮る女性が服装以外に気をつけること

 

まずは優しい笑顔に勝るものはないと伝えておきましょう。

破顔?!と思われるほど笑い過ぎているのは、結婚相手としてはあまりいい印象になりません。

自然な微笑みがベストです。

それから、体系が気になる人は、なるべくすっきり見える角度を探して、斜めに立ちましょう。

首を傾げたりするのも効果的です。

化粧は濃すぎず薄すぎず、が基本です。

真っ赤な口紅や、マスカラたっぷりの派手顔は、大人しい男性にとっては恐怖でしかありません。

心配ならメイクもプロに頼みましょう。

最近ではメイクもセットになった婚活の写真撮影をしてくれるスタジオもあります。

スタジオと言えば、婚活写真は専用スタジオで撮るのが無難ですが、緊張して上手く撮れない人は、家族や友だちに頼んでも問題ありません。

その際は、特に背景に注意してください。

生活感のあるものや、暗い室内で婚活写真を撮ってしまうと、せっかく女性が服装に気をつけていても、台無しになってしまいます。

それから、大勢で撮った写真の切り抜きはやめましょう。

やる気がないと思われてしまいますし、ぼやけていては意味がありません。

婚活写真用に、特別に撮らなくてはいけませんよ。

最後に、大事なことですが、多少の修正は許されます。

気をつけて欲しいのですが、あくまで多少ですよ!

最近のプリクラのように別人になってしまうと、せっかく会ってもらえても逆効果になってしまいます。

お肌をきれいに見せたり、全体的に明るくしたりする程度の修正に留めてくださいね。

婚活写真の撮影の際には、女性の服装以外にも、気をつけなくてはならないポイントがあることを、理解してもらえましたか?

まとめ

 

婚活写真の重要性と、女性の服装が与える印象について、少しお分りいただけたかなと思います。

婚活写真はあなたの全てを表すと思って、女性は特に、服装にも気合を入れて撮ってもらいたいと思います。

もしすでに婚活写真を登録している人は、今からでも変更出来る場合がほとんどですから、ぜひ一度見直してくださいね!