本当に出会っている人はみんな
「複数アプリを同時利用」しているわ

大学生のデート代の平均はいくら?

大学生のデート代の平均ってどのくらいか気になりませんか?
デートで少しでも見栄を張ってかっこいい所見せたいと男性なら思うもの。
しかし、実際学生はお金に関しては社会人と比べると中々厳しいものがあります。

自分が一回に使っているデート代は普通なのか使いすぎなのか、あるいは少なすぎるのか気になりませんか?

それでは大学生のデート代の平均は大体どのくらいなのでしょうか?

その実態について今回は紹介していきたいと思います。

また実際社会人になるとどのくらいデート代の平均は異なるのか?
合わせて紹介していきます。

大学生のデートの平均

デートするとなると美味しいご飯を食べに行ったり遊園地や水族館といった施設に遊びにいきたくなりますよね?

そのためどうしてもお金がかかってしまいます。

しかし大学生の場合は社会人と異なり大きな収入がないため、このようなデートを繰り返しているとお金がなくなってしまいます。

それでは一回のデート代の平均はどのようになっているのでしょうか?
ランキング形式で紹介していきます。

第一位「3000円~4000円」17%

大学生の一回のデート代平均額第一位は3000円~4000円です。
このくらいの金額になる特徴としては

  • 食事代を男性が奢る
  • 映画や水族館、動物園のチケットを男性が奢る

とこのくらいのデート代になります。

またドライブに行った際のガソリン代+買い物代でもこのくらいの相場になります。

この金額になる特徴としては、食事+映画館といったデートのメインとなるようなことが二つ行っていないことです。

デートの主役を一つ決めて、それを男性が奢ることでこのくらいの金額になります。
見栄を張りすぎず、かつ男性が多くお金を出す事ができるので、お互いに無理をせずにデートが楽しめる金額がこのくらいなのかもしれません。

第二位「2000円~3000円」14%

第二位は2000円~3000円です。
このくらいの金額になる特徴としては

  • 食事代+カラオケ
  • 食事代+カフェ
  • 食事代+映画

と食事にもう一つデートプランを加えています。

またディナーではなくランチにいき、食事代の出費を少なくしている特徴があります。
他にも一位の場合と異なり、食事以外は女性と割り勘にするといった特徴があります。

大学生という立場から無理をせず割り勘をしてお互いにデートを楽しみたい場合は、このくらいの金額になるのかもしれません。

第三位「4000円~5000円」13%

第三位は4000円~5000円です。
この金額になる主な特徴は「食事代がメイン」となるデートです。

一位と二位は簡単な食事+αといったデートがほとんどでしたが、このくらいのデート代になる人たちは昼食+夕食をデートで行っています。

また実際は昼食の間にも買い物などデートを行っているので、このくらいのデート代になります。

もし一日中デートを楽しむ場合は、デート代がこのくらいになるのかもしれません。

第三位「5000円~6000円」13%

同率で第三位は5000円~6000円です。

内容はほぼ4000円~5000円の場合とほとんど変わりません。

食事代を男性側が多く支払ったり、ランチ後に娯楽施設に行くことで大体このくらいの金額になります。

第五位「500円未満」10%

第五位は500円未満といったこれまでの場合と大きく異なった金額となっています。
この金額になる特徴としては

  • ドライブデートの交通費
  • ファミレスデート

といった場合のデートです。

綺麗な景色や海岸線を走るといったお金をかけずにデートを楽しめるドライブデートでは、車もちの学生に人気です。

お金をかけずに、かつ二人だけの空間を楽しむことができるのがドライブデートの特徴です。

また付き合う前のデートではNGですが、少し話したい程度の場合のデートでファミレスを選択するケースもあるとのことです。

お金をかけずにのんびりと話をしたい学生にとっては一つのいい作戦かもしれません。
しかし繰り返しますが、初めてのデートといった付き合う前段階でのデートでは女性を幻滅させる可能性があるので控えましょう。

大学生と社会人のデート代の比較

ここまで大学生の一回の平均デート代について見てきました。

傾向としては50%の学生が一回のデート代を2000円~6000円以内に抑えている傾向にあり、30%近い学生がかつ2000円~4000円に抑えています。大体週一回デートすると見越すと多くても月に20000円近くの出費をしていることが考えられます。

では学生よりもお金にゆとりがある社会人のデート代の相場はどのようになっているのでしょうか?

第一位「4000円~5000円」15%

第一位は4000円~5000円です。

意外にも学生の一位から1000円上昇した程度でした。

デートの内容は食事代+娯楽費が多く、第一位の特徴であったメインのデートを二つ行っていることです。

学生の頃と比べると少しお金に余裕ができても、見栄は張れすぎないという傾向がこのような結果かもしれません。

第二位「8000円~10000円」13%

第二位は8000円~10000円です。

このような金額が上位に来るのが社会人の特徴です。

デートの内容としては

  • ドライブの高速代+ガソリン代
  • 飲食費+宿泊代

が占めています。

大学生と異なり、車をもっている人が多いためドライブデートが人気となっています。

またお金が学生の時よりも余裕があるためか、宿泊というデートプランが追加されているのが一番の特徴です。

社会人と学生の差が顕著に出た結果かもしれません。

第二位「10000円~15000円」13%

同率で第二位は10000円~15000円となりました。
先程の結果よりもさらに使用金額が上昇しました。

このくらいのデート代を支払う人の特徴としては、先程のデートプランに映画や遊園地といった娯楽施設のデートを追加したデートプランが多いといった特徴があります。

また社会人にもなると食事でも少しでも高級な所に連れて行こうとし、かつ男性が奢るというパターンがあるため、このようなデート代になると言われています。

学生にとってはクリスマスや記念日といった大切な日に使用する金額であるため、社会人と大きく差が出た結果であると言えます。

第四位「3000円~4000円」12%

第四位は学生の第一位と同じ3000円~4000円という結果になりました。

例え社会人でもたくさんのお金を一度にかけたくないという人もいます。

この金額になるデートの特徴は学生の場合と同様に

  • 食事代+交通費
  • 映画館や水族館といった娯楽施設

が主なデートとして挙げられます。

しかし社会人であるため娯楽施設でも食事に関して学生の頃よりお金はかかってしまいます。

どうやってこの金額に抑えているのでしょうか?

答えは女性と割り勘をしていることです。

一位や二位の場合や男性が全額支払ったり、多く支払ったりしていますが、必ずしもそれとは限りません。

女性によっては奢られることを嫌う女性もいます。
そのようなことがこのような結果をもたらしたと考えられます。

第四位「5000円~6000円」12%

同率で第四位は5000円~6000円です。

この結果は第一位の4000円~5000円の誤差、そして3000円~4000円の割り勘を男性が
ほとんど支払った場合の金額となります。

この少しでもデートプランを変えたり、男性が奢るなどで金額が容易に変化することが分かります。

まとめ

大学生の平均デート代をランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

あなたの一回のデート代と比較するとどの程度差がありましたか?

50%近い学生たちがデート代を2000円から6000円に抑えるなど一回のアルバイト代で支払えるくらいの値段でデートしているのが伺えます。

反対に社会人の場合は通常のデートでは学生の値段に1000円~2000円増した程度、そして宿泊費という社会人らしいお金の使い道があることがわかりました。

これが学生と社会人を分ける要因なのかもしれません。

しかしそのようなデートを行っていても順風満帆なカップルはたくさんいます。

今まで少ないと不安に思っていても案外一回のアルバイト代で稼げるくらいのデート代が多いのです。

学生同士ならある程度相手が無理しているとより分かります。

そしてクリスマスや記念日など大切な日にお金をかけて相手と幸せな時間を過ごしてください。