本当に出会っている人はみんな
「複数アプリを同時利用」しているわ

恋活アプリを使っていることがばれない方法

今やネットでの出会いというのは当たり前になりつつあり、恋活アプリなどを活用して出会いを求める人も増えています。

しかし、恋活アプリなどを利用している人の多くは、周囲の人にばれたくないと考えています。

恋活アプリは手軽に利用できるので便利な反面、不特定多数の人にプロフィールを見られてしまうのでもしかしたら自分の友人などが目にするかも知れないと思うと、ばれたくないという意識が働いてしまいます。

どうしたら、恋活アプリを使っていることが周囲の人のばれずに済むでしょうか?

恋活アプリはばれたくない人を考慮した仕組みになっているか?

まず、恋活アプリの仕組みというのは使っていることがばれたくない人を考慮した仕組みになっているのでしょうか?

恋活アプリの仕組みがどうなっているのか、ご紹介していきます。

Facebook連携サービスの恋活アプリ

最近増えているのが、Facebookと連携したサービスを提供している恋活アプリです。

「Facebookを見ると利用していることがばれてしまうのでは?」と心配する人も多いのですが、実際にFacebookを介して利用するわけではありません。

あくまで、Facebookのアカウントを利用してログインすると、Facebookのプロフィールを参照できるので登録の際に手間が省ける、というだけです。

実際にFacebookサービスを利用しているわけではないので、投稿やシェアなどが自動で行われたりすることはありません。

また、参照したプロフィールに関しても、自分で変更ができます。

もちろん名前も本名やFacebookで使っている名前ではなく、ニックネームなどを表示するようにできるため、名前から恋活アプリ

を利用していることがばれたくない、という人でも安心です。

写真の掲載は必須ではない

恋活アプリというと写真を掲載しなくてはいけないイメージもありますが、写真の掲載は必須というわけではありません。

写真を掲載しないと出会いのチャンスは減るかもしれませんが、恋活アプリを利用していることがばれたくないのであれば、あえて写真を掲載せずにおくこともできます。

メッセージのやり取りをして、教えても問題ないという相手にだけ直接写真を送ることができるので、不特定多数に写真を見られるリスクを減らすことができます。

周囲の人にばれる時は顔写真から、ということが多いので、これだけでもかなりリスクは軽減できます。

ブロック機能がある

恋活アプリの多くには、プロフィールを非表示にする「ブロック機能」があります。

これはユーザーごとに設定するもので、ブロック機能を設定したユーザーが検索をかけた時に自分が表示されないようにするものです。

登録してすぐに、自分が住んでいる地域の女性を検索して知人がいた場合はブロックしてしまえば、それ以降その人が検索した場合でも自分の検索結果は表示されません。

勿論相手に「○○さんからブロックされました」などのメッセージが届くこともないので、こっそりとブロックすることができます。

このように、恋活アプリには利用していることがばれたくない人でも安心して利用できる仕組みが用意されています。

恋活アプリは周囲にばれたくない人も安全?

それでは恋活アプリは、周囲に使用しているとばれたくない人でも安心して利用できるのでしょうか?

残念ながら一概にそうとは言い切れません。

どういった場合に見つかるのか、またその対策としてはどういったものがあるかを紹介します。

Facebookのアカウントは教えない方が良い

まず、Facebook連携サービスの恋活アプリでは周囲の人にばれたくないと言う人はFacebookのアカウントを教えないほうがいいでしょう。

どうせ連携しているのだから、ということでメッセージのやり取りをしているうちにFacebookのアカウントを教えてそちらで友人登録をしてしまう人もいます。

しかしその結果、実はFacebookに友人登録している友人の友人だったために、友人にばれてしまったという人もいます。

Facebookの友人に登録されている中に知っている人がいれば、共通の知人ということでその人にどんな人か聞こうと思っても不思議はないですよね?

中には元カノの友人だったという事で、それ以降連絡が途絶えてしまうこともあります。

なるべくFacebookのアカウントは教えずに、サイト内だけでやり取りしていった方がいいでしょう。

情報をあまり公開しない

恋活アプリで表示される名前に関しては、本名を公開するのではなくニックネームやイニシャルだけ公開される場合がほとんどで

すので、その点はばれたくない人でも安心できると思います。

しかし、顔写真などははっきりと写っているものでなくては掲載許可が下りない場合があり、顔の一部を隠したものなどは掲載できないこともあります。

そこで、プロフィールに顔写真を載せるのは諦めて、アルバム機能などに顔がはっきりとは分かりにくい写真を掲載しておくといいでしょう。

アルバムなどでは特に顔写真に限らず、様々な写真を掲載することができます。

そこに掲載している写真である程度の顔が分かれば安心する人も多いですし、はっきりと顔が分からなければ周囲の人から追及されることも少ないでしょう。

どうしてもきちんと顔が観たいという人にだけ直接顔写真を送るようにすれば、恋活アプリを使っていることを周囲にばれたくないという人でも問題ないと思います。

ばれてもいいと開き直る

恋活アプリの利用をばれたくないと思っている人でも様々な方法で防ぐことができますが、どの方法も少なからず出会いの幅を狭くしてしまいます。

そもそも、恋活アプリというのは何種類もあり、会員数も何万人といます。

その中から周囲の人にばれてしまうというのは滅多にありません。

ほんのわずかなリスクを恐れて出会いを遠ざけてしまうのはとてももったいないことだと思います。

それよりも、開き直って堂々と恋活アプリを利用して、ばれたくないという気持ちは捨ててしまった方が良いのではないでしょうか?

中には、周囲の女性に恋活アプリを使っていることがばれてしまったことから交際が始まったという話もあります。

知らない相手と出会うチャンスがあるのが恋活アプリなのですから、ばれたくないというわずかなリスクよりも新しい出会いというチャンスをつかむことを考えましょう。

そうすればきっといい出会いが見つかるはずです。

まとめ

恋活アプリを利用する際、気恥ずかしさから周囲の人にばれたくないという気持ちを持つのは当然のことだと思います。

中には気にせずに周囲に公言している人もいますが、それはごく一部です。

ほとんどの人はこっそりと利用しているのです。

恋活アプリを利用していることが周囲の人にばれたくないと考えている人には、Facebookと連携している恋活アプリがいいでしょう。

少なくともFacebookの友人に見られる心配はなくなるので、見つかる可能性は大きく減らすことができます。

しかし、恋活アプリを利用していることを周囲の人にばれたくないと思うあまり、出会いのチャンスを減らしてしまうのはもったいないことです。

そもそも滅多なことでは周囲の人にばれてしまうことは少ないので、あまり気にし過ぎないで恋活アプリをどんどん利用していきましょう。

そのようにして、早いうちに出会いを見つけてしまえば、周囲の人にばれる可能性はそれだけ少なくなります。

恋活アプリを使っていることがばれたくないと思うのではなく、ばれるまえに相手を見つけて終わってしまえば良いと考えましょう。

前向きに考えた方が、出会いも見つけやすくなりますよ。