ゲームで目が疲れた時の3つの対処法

最終更新日:2020年10月01日 10:41

「目が疲れたけど、どうしたらいいかわからない。」
「目が疲れない方法はないかな」
と思っている方、多いのではないでしょうか?
今回は、ゲームのやりすぎで目が疲れた時の対処方法を紹介します。

目を温める

目がこってきたなと感じ始めたら、まずは目をあたためてみるとよいでしょう。

目の周りを温めると、周辺の血流が良くなるので、目に栄養素がたくさん運ばれ、結果目の疲れがやわらぎます。

すぐに試したい人はハンドタオルを温かいお湯につけて、それを充てるとよいでしょう。

また、市販のホットアイマスクを使用するのもよいかもしれません。

目をマッサージする

目の周辺には疲れにきくツボがいくつかあります。

まずは、両眉毛の下を5-10回マッサージしてみましょう。

周辺をマッサージすれば、筋肉がほぐれてくるので、徐々に疲れが取れ、目のむくみなどがすっきりしてくるでしょう。

他にも両方のこめかみを押すときくのでおすすめです。

PCとの位置関係を正す

PCでゲームをする人は自分が知らないうちにディスプレイとの距離が近づいていたってことありますよね。

ディスプレイとの距離感が違うと当然、目への負担も違ってきます。

なるべく画面との距離は、40cm-50cmを保つようにするとよいでしょう。

また、ディスプレイを見るときの角度も重要です。

なるべく、正面か、少し上から目線を下向きに送るようにするとよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

目疲れの対処方法はわかりましたでしょうか?

長時間ゲームをしていると目への負担は避けられません。

だからこそ、目をマッサージしたり、目を温めたりして目へのケアを怠らないように気を付けてみてください。